********************************************************

   AIPS(人工知能パートナーシステム)を支える

    デジタル回路の世界

         補足資料 Appendix (0-1-3)

********************************************************



********************************************************************
補足資料(0-1-3) { x(t), y(t) } の値を計算し、そのグラフを描く ( for t=a to t=b )
********************************************************************


********************************************
    
   この Program ( a.c ) は t をパラメーターとして

   X 軸に x = x(t)  として、Y軸を y = y(t) として、

       最大9個のGraph を描きます。


       出力は  a.html に出力されます。

********************************************
******************************************************************

  入力File として、あらかじめ用意されている次の3つのFile、

     File ( ZAn.txt , ZBn.txt , ZEn.txt ) が必要です。

   途中で File ( ZDn.txt ) が生成され、そのdataをもとに、

   最終的に html 形式のFile ( a.html ) が 出力されます。

******************************************************************


File(0-1-3)の中には、その実行 File( a.exe ) も格納されています。 


●演習問題(0-1-3)

このProgram ( a.c ) は、最大9つのGraphまでしか重ね描きができません。
 
何個でもGraphが描けるように改良してください。

また、Source Program ( a.c ) を いちいち変更しなくても、

入力File ( A.txt ) を使って、 出力File( a.html ) を

出力できるようにしましょう。


また、各グラフの点の座標の値を計算したものを

出力File( B.txt ) に出力できるようにしましょう。



*****************************************************