********************************************************

   AIPS(人工知能パートナーシステム)を支える

    デジタル回路の世界

         補足資料 Appendix (0-1-1)

********************************************************



*****************************************************
補足資料( 0-1-1 ) Hello Digital Circuit World !
*****************************************************


●まず、 補足資料( 0-1-1 ) と ( 0-1-1P )を見てください。

そして、"Hello Digital Circuit World !"と出力する、

初歩的なC-言語のソース Program File ( a.c ) を作成してみましょう。

このProgram 例では、入力 File ( A.txt ) を使います。

その実行結果、出力File ( B.txt ) が 生成されます。


●このC-言語のソース Program File ( a.c ) を compile し、その

 実行 File ( a.exe ) を生成する方法にはいろいろな方法があります。

 まず自分にあった方法で、自分のパソコンにその環境を構築してください。

自分にあった方法で、 C-言語のソース Program File ( a.c ) を 

compileして、実行 File( a.exe ) を生成する環境を構築してください。

この簡単な"Hello Digital Circuit World !"と出力する環境が

できていますと、この付録(Appendix)で紹介する C-言語の

ソース Program ( a.c ) は すべて compile し、実行することが

可能となります。

 


●演習問題(0-1-1)

このC-言語のソース Program File ( a.c ) と入力 File( A.txt ) を、

自分で自由に変更して、新しい実行File ( a.exe ) を生成して、

新しい出力File ( B.txt ) を生成してみましょう。

**************************************************
DCDL(Digital Circuit Description Language)のCodeの説明
**************************************************


**************************************
[A.txt] a( ) --> [B.txt] ;
**************************************

Input File = A.txt とし、Output File = B.txt とします。

演算関数 a( ) を実行することにより、

入力 File ( A.txt ) から、出力File ( B.txt ) が 生成されることを意味します。


一般に関数を、y = f( x ) と記述しますが、

この場合、 x が入力で、y が出力で、 f が関数名です。

基本的に関数とは、入力が与えられ、

出力が出てくるものなら、なんでも関数と呼べます。 

ここでの演算関数 a( )とは、物理的なデジタル回路や計算機そのもの、

または、その特殊な演算機能そのものの名前を意味します。

この場合は単純に、C-言語のソース Program File( a.c )

およびその実行File (a.exe)を総称したものでもあります。

*****************************************************